YouTubeで
動画公開中!

配信情報詳細

公演日

2022212日(土) 12:30〜17:00

無観客開催のため、出場者以外の入場は出来ません。

会 場

東京オペラシティ コンサートホール
タケミツ メモリアル

審査員

  • 三枝 成彰

  • 安田 祥子

  • 岸 信介

  • 宇佐美 瑠璃

  • 千住 明

  • 今年で25回目となる
    シニアコーラスTOKYOフェスティバル。
    本年は、感染拡大防止の観点から
    無観客で開催する一方、
    期間限定でフェスティバルの動画を
    無料公開いたします。

    動画は2月18日公開を予定しております。

シニアコーラスTOKYOフェスティバルについて

 平均年齢60歳以上の方によるコーラスグループを対象に企画されたコンクールです。高齢者の健康、生きがい、仲間づくりにおいて、地域を越えて多くの人と歌う喜びを分かち合う機会、また一つの目標に向けて仲間と協力しながらチャレンジ精神を育てる機会として多方面から非常に期待されている事業で、平成8年に始まって以来、毎年30組以上のコーラス・グループ(出場者総数:約1,000名)が参加し、厚生労働大臣賞を目指します。これまでに248団体、約7,000名を越える出場者が参加され、毎回、活気あふれる大会として大成功をおさめています。

主催者からのごあいさつ

  • 公益財団法人
    日本チャリティ協会 会長
    高木 金次

  •  本日は、寒い中、遠方よりご参加くださいましたコーラスグループの皆様に対しまして心から御礼を申し上げます。
     約2年にわたり世界中を震撼させているコロナウイルスの影響により、社会活動は滞り、多くの人々の生活に大きな影響を及ぼすと同時に、生活スタイルを変えざるを得ない状況になっております。

    全文を表示 ▼全文を表示 ▲

    特に、高齢者におきましては感染リスクの高さから外出の抑制が行われ、日常的な交流も控えなければならず、健康の悪化や交流機会の喪失など高齢者の心身への影響が心配されてきました。
     当協会の高齢者事業も、健康・生きがい・仲間づくりをモットーに長年継続して参りましたが、昨年のコーラス大会を始めとするほぼ全ての高齢者事業を中止、あるいは延期してきました。しかしながら世の中がウィズ・コロナで進む中、高齢者事業においても少しずつでも再開することが必要と考え、感染対策の徹底を呼び掛けながら今後の事業の準備を進めております。
     第25回を迎えます本フェスティバルにおきましても、コロナ禍における高齢者事業の再開のきっかけにしたいところですが、現在の感染状況から判断し、今大会は無観客開催となることを非常に残念に思っております。なお、今大会の開催にあたり、出場者や関係者の安全を守る為の感染対策をしっかりと進めて参ります。
     また、本来であれば多くの方に客席でご観覧頂きたいところでございますが、今回は無観客開催の為、出場コーラスグループの雄姿は、インターネットにより動画配信し、楽しんで頂けるようにいたしました。動画視聴による応援になりますが、日頃から歌によって地域で結ばれている高齢者の方々の生きがい活動が止まらないよう、今後も工夫をしながら高齢者事業を継続して参りたいと思いますので、熱烈な声援をお願い致します。
     なお、末筆ではございますが、フェスティバルの開催に際しまして、ご支援下さいました各行政機関ほか、諸団体、東京都合唱連盟、ボランティアの方々、全ての皆様に心より感謝申し上げますとともに、長年にわたり格別のご支援を賜っております東京都民共済生活協同組合に深く感謝申し上げます。

  • 公益社団法人
    東京都老人クラブ連合会 会長
    村上 光夫

  • 高齢者の生きがい・健康づくりの推進を目的とする「第25回シニアコーラス・TOKYO・フェスティバル」が新型コロナウイルスの感染という状況下にあって聴衆を入れない形ではあれ開催することができましたことを大変に嬉しく思っております。

    全文を表示 ▼全文を表示 ▲

     2020年1月、第24回の開催以降、私たちの暮らしは、コロナ感染とその予防が全てを支配するといっても過言ではない状況が続いています。そうした状況は、この会の目的でもあります「高齢者の生きがい・健康づくり」を着実に蝕んでいます。
    元気な高齢者の気持ちが落ち込み、外出して仲間と交流する気持ちも失せていく、そして「こころとからだ」が不活発になっていく、そんな状況にあります。
     老人クラブ活動においても「活動するもリスク」、「活動しないもリスク」の難しい局面にあって、私は『周囲の皆さんの理解を得ながらではありますが、「やり通す勇気」と「細心の心配り」をもって活動を進めよう。』と申し上げています。これを続けていくことで「こころとからだ」の回復につなげていきたいと考えています。
     かかる状況下での「シニアコーラス・TOKYO・フェスティバル」の歌声は、勇気と感動を与える貴重なイベントになると自賛しております。
     合唱される皆さまにおかれては、日頃の成果を遺憾なく発揮されますようお願いし、エールを送ります。

コンクールの進行と出場グループの情報

開会式・第1部(10団体)

  • ・第1部 出演グループ(10団体)・

    1 男のコーラス・ドッグウッド
    2 混声合唱団 海欠場
    3 デュッセルドルフ日本男声合唱団
    4 リーダーターフェルジルヴァーナー1995
    5 コーロ・シュシュ
    6 コール・マ・メール
    7 合唱団トゥルース欠場
    8 混声合唱団コール・ブルンネン
    9 混声合唱団もぐら欠場
    10 女声合唱団ヴォーチェ・リーゾ欠場

第2部(11団体)

  • ・第2部 出演グループ(11団体)・

    11 虹(童謡・唱歌を歌う会)
    12 女声合唱団「曙」
    13 ハナミズキ
    14 多摩川六十路会コーラス・ガーベラ欠場
    15 アンサンブル・フェスタ
    16 あんさんぶる・らら
    17 ビューティフル・ハーモニー・ドリーマーズ
    18 アンサンブルMAYA
    19 女声アンサンブル「こーろ・ふぁーら」
    20 おつたのうたを歌う会
    21 女声合唱「にじ」

特別出演・表彰式・審査員総評・閉会挨拶

  • ・特別出演・

    香港東京グリークラブ(男声合唱団モウマンタイ)(第24回大会入賞)

    ・第25回の各賞一覧・

    東京都民共済生活協同組合特別賞
    スマイル賞
    はつらつ賞
    東京都老人クラブ連合会賞
    日本チャリティ協会賞
    東京都知事賞
    厚生労働大臣賞

主催:
(公財)日本チャリティ協会 
(公社)東京都老人クラブ連合会
後援:
厚生労働省 文部科学省 東京都 
(公財)全国老人クラブ連合会
協賛:
東京都民共済生活協同組合(都民共済)
協力:
東京都合唱連盟 (公財)東京オペラシティ文化財団
企画・制作:
(株)公共事業PRセンター